GPSを使用して自分で浮気調査は可能?

GPSを使用して自分で浮気調査は可能?

衛星

GPSは、衛星を利用して位置情報を取得することができる機械です。
これを利用すれば浮気調査を行うことも可能です。
GPSを使うと、どのようにして浮気調査を行うことができるのでしょうか。

 

GPSはどこに取り付けるのが良い?

車

用意したGPSは、一体どこに取り付けるのが、一番良いのでしょうか?
パートナーのスマートフォンなどに位置検索アプリを仕込むことができればいいのですが、なかなかそんな機会はないと思いますし、ばれてしまう恐れもあります。
そこで、パートナーの車などにGPSを取り付けて、今どこにいるのかを把握しましょう。
GPSは新しいものだと4cm四方程度の薄い箱型になっているので、車に装着しておいても見つかることはほとんど無いでしょう。
素人でも簡単に装着できるマグネットタイプのものがおすすめです。

 

最新のGPSは誤差も10m以内とかなり精度も上がっていますから、どの場所にいたかがはっきり特定できます。
仕事だと言って出かけたのに行楽地にいたり、ラブホテルに入ったりするのを見つけることができれば、浮気は確定です。

 

GPSの機械は買うと大変高価ですが、レンタルしてくれるところもあります。
しかしその場合でも、数万の出費は覚悟しておいた方が良さそうです。

 

GPSを浮気調査に利用する際の注意点

浮気調査にGPSを利用する際の注意点

まず、GPSを選ぶ際にはバッテリーの持続時間に注意しましょう。
バッテリーの持続時間が短いと、短期間に何度も充電や付替えを行う必要が生じます。
そうなると見つかってしまうリスクも増大しますから、30日持続などの持続時間の長いものを選びましょう。

 

また、バッテリーの持ちを良くしたりするために、以下のことを頭に入れておきましょう。

  • 頻繁に位置情報を検索しない
  • 車外に装着するタイプのGPSは、雨や洗車時に濡れないような場所に取り付ける

 

GPSは浮気の証拠として使えない?

GPSは浮気の証拠にはならない

GPSを車に取り付けて、その位置が分かったとしても、それをすぐに浮気の証拠としては利用することができません。
例え、ラブホテルにいることが分かったとしても、誰と何をしていたかは分かりません。

 

それに、車の位置が特定できるだけですから、途中で車を置いて移動されると追跡することが出来ません。
結局はGPSで特定した位置まで出かけていって、決定的な写真などを撮影しないと、浮気の決定的な証拠にはならないのです。

 

まとめ

自分で浮気調査を行う際に、GPSを使用する方法をお伝えしました。
ですが、せっかく高い金額を払ってGPSを購入・レンタルしたところで、決定的な証拠にはなりません。
家計と時間に余裕があるのであれば良いですが、常に見張っているというわけにもいきません。
そんな余裕があるのであれば、いっそのこと、探偵や興信所に任せてしまった方が、気が楽になるでしょう。


このページの先頭へ戻る