iPhoneで浮気調査ができる?

iPhoneで浮気調査ができる?

iPhone

日本では圧倒的なシェアを誇るiPhone。
メール等を消してしまえば、浮気の痕跡は残らないんじゃ…?
と思っている方も多いようですが、実は、相手のiPhoneを使って浮気調査をすることが可能なのです。

 

では、どのような方法で浮気調査ができるのでしょうか。
ほんのいくつかの例をご紹介しましょう。


iPhoneを使って出来る浮気調査とは?

相手の位置を検索する

現在地

あなたもパートナーもiPhoneを持っている場合は、「iPhoneを探す」という無料アプリを利用することで、相手の位置情報を探ることができます。

 

このアプリで位置検索をしても、相手のiPhoneには何も表示されないので、設定画面を詳しく調べたりされない限りは、位置検索をしていることがばれることはほとんどありません。
相手がどこにいるかが分かるこのアプリは、浮気調査をするには最適のアプリです。

 

また、自分がiPhoneを持っていなくても、パソコンでAppleIDを作成し、相手のiPhoneを設定することで位置検索をする方法もあります。
相手が寝ている間などに設定しておけば、相手の居場所を知ることができます。

 

twitterを利用する

Twitterロゴ

パートナーのtwitterユーザー名が分かっているなら、誰とどれぐらいの頻度でやり取りをしているのかが分かるサイトがあります。
そのサイトでパートナーのユーザー名を入力するだけです。
そこで頻繁にやり取りしている相手を調べれば、浮気相手を特定できる場合もあります。

 

また、パートナーのiPhoneを自由に触れる機会があればtwitterのダイレクトメッセージを調べてみましょう。
そうすれば、浮気相手の趣味や行動が把握できることもあります。

 

遠隔操作アプリ「ケルベロス」

遠隔操作アプリ「ケルベロス」

ケルベロスという遠隔操作アプリがあります。
これは、本来はiPhoneが盗難に遭ったり紛失したりした時のためのアプリですが、浮気調査にも使えます。

 

パートナーのiPhoneにこのアプリをこっそり入れておくことで、様々な情報を得ることができます。
まず、位置情報の取得です。
本来は盗難などの場合にどこにiPhoneがあるかが分かるようにするためのものですが、相手の位置を知ることができます。
また、通話やメール履歴を取得することもできます。
電話帳に登録されている人なら、その名前も分かります。
さらに、カメラを勝手に起動して写真を撮ったり、音声の録音までできます。

 

ただし、この方法は法に触れる場合もありますから、この情報を元にして別の方法で決定的な証拠をつかむようにしましょう。

 

まとめ

上記の「ケルベロス」のアプリに限らず、勝手に人のiPhoneを遠隔操作してメール等を盗み見たり、無断でアプリをインストールしたりするのは犯罪でもあります。
下手をすると、あなたの方が訴えられたり、逮捕されてしまう可能性も出てきますので、注意が必要です。

 

そのような方法で取った証拠は、証拠としても認められません。
きちんとした証拠を取りたいのであれば、探偵や興信所に依頼をするのが良いでしょう。


このページの先頭へ戻る